メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

川本三郎・評 『エドワード・ホッパー 静寂と距離』=青木保・著

 (青土社・2640円)

 エドワード・ホッパーはアンドリュー・ワイエスと並んで日本でも、もっとも愛されている二十世紀アメリカの画家だろう。

 最近も恩田陸の短篇集『歩道橋シネマ』(新潮社)の一篇「線路脇の家」は、題名から分かるようにホッパーの、鉄道線路脇に建つゴシック建築風の屋敷を描いた有名な絵をモチーフにしている。

 とかくカラフル、陽気、活気と「動」で語られることの多いアメリカ文化のなかにあってホッパーの絵は、あくまでもシンプルで静か。そこだけしん(﹅﹅)と静まりかえっている。

この記事は有料記事です。

残り1762文字(全文2003文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです