特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

川本三郎・評 『エドワード・ホッパー 静寂と距離』=青木保・著

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 (青土社・2640円)

日常の先の非日常を描く画家の魅力

 エドワード・ホッパーはアンドリュー・ワイエスと並んで日本でも、もっとも愛されている二十世紀アメリカの画家だろう。

 最近も恩田陸の短篇集『歩道橋シネマ』(新潮社)の一篇「線路脇の家」は、題名から分かるようにホッパーの、鉄道線路脇に建つゴシック建築風の屋敷を描いた有名な絵をモチーフにしている。

 とかくカラフル、陽気、活気と「動」で語られることの多いアメリカ文化のなかにあってホッパーの絵は、あくまでもシンプルで静か。そこだけしん(﹅﹅)と静まりかえっている。

この記事は有料記事です。

残り1746文字(全文2003文字)

あわせて読みたい

注目の特集