特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

別大毎日マラソン 自己記録更新に挑む きょう号砲

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
健闘を誓う招待選手の(左から)佐々木悟、福田穣、アブデラ・ゴダナ、ジョン・コリル、マシュー・キプサート、ハムザ・サリ、安井雄一、林奎介=矢頭智剛撮影
健闘を誓う招待選手の(左から)佐々木悟、福田穣、アブデラ・ゴダナ、ジョン・コリル、マシュー・キプサート、ハムザ・サリ、安井雄一、林奎介=矢頭智剛撮影

 第69回別府大分毎日マラソン(毎日新聞社など主催、日本陸上競技連盟など後援、ピー・シー・エー、ソニー生命特別協賛)は2日正午、大分市の高崎山・うみたまご前をスタートし、別府市を経由して大分市営陸上競技場にフィニッシュするコースで開催される。1日は主な海外・国内招待選手、視覚障害選手の部に出場する選手が記者会見に臨んだ。【野村和史、長宗拓弥】

 佐々木悟(旭化成)は2016年リオデジャネイロ五輪代表で、自己ベスト(2時間8分56秒)が国内招待選手の中でトップ。34歳のベテランらしく落ち着いた口調で「別大に出ることは昨春に決め、しっかり練習してきた。いつもの試合と同じように、自己記録を目指す」と述べた。19年9月の東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」に出場した福田穣(西鉄)は、マラソン初勝利への意欲を強調。「…

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文1152文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集