メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富士登山競走 今年からヘルメット義務化 19年には落石死亡事故

山頂を目指し、岩肌を駆け上がるランナーたち=富士山吉田ルート7合目付近で2014年、徳野仁子撮影

 第73回富士登山競走(山梨県富士吉田市主催、富士吉田体育協会、毎日新聞社など共催)の実行委員会(会長・堀内茂同市長)は安全対策を強化し、2020年の大会から山頂コース(距離約21キロ、標高差3000メートル)に参加する選手にヘルメット着用を義務付けることを決めた。守らなければ失格とし、持っていない人には貸与する。

 1月31日に開かれた実行委の会議で決定した。山頂付近では18年に石積みが崩落。19年には落石で登山者の死亡事故が起きたため、万が一に備える。

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文765文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです