メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

騒音公害や地価下落は起きるのか 発着が急増する羽田新飛行ルートの波紋

 東京都心の上空を通過する羽田空港(東京都大田区)の新しい飛行ルートが3月末に運用開始となるのを前に、国土交通省は2日、大型旅客機を実際に飛行させて騒音の測定を始めた。今後も7日間程度行う。新ルートの運用は外国人観光客の増加を狙ったもので、羽田における国際線の年間発着回数は1・65倍に増える。一方、航空管制にあたる管制官たちには緊張感が漂い、ルート下の住民は騒音や落下物への懸念を強めている。

「『トゥートゥー』(220度、B滑走路)の最後と『ワンシックス』(160度、AまたはC滑走路)の初めを空けようか」

この記事は有料記事です。

残り3264文字(全文3518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 新型コロナ、都内で感染者68人確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです