「想像より機体と音大きい」 大型旅客機飛ばし騒音測定 羽田新飛行ルート

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国土交通省は2日、東京都心の上空を通過する羽田空港の新しい飛行ルートについて、大型旅客機を実際に飛ばす「実機飛行確認」を始めた。正式な運用が3月29日に始まるのを前に、管制業務の確認や騒音測定をした。

 羽田では現在、東京湾上空から着陸するルートしか認められていない。新ルートでは羽田付近で南風が吹いた際、都心を北西から南東方向に縦断して着陸する。高度は新宿付近約1000メートル▽渋谷付近約700メートル▽大井町付近約300メートル。午後3~7時に限定されるものの、騒音被害も想定される。ルートの一部は、在日米軍横…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文645文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集