メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「集大成のレース。楽しんで走れた」深津、4年ぶり自己新 別大マラソン

第69回別府大分毎日マラソン国内招待選手 深津卓也(旭化成)

[PR]

 第69回別府大分毎日マラソン(毎日新聞社など主催)は2日、大分市高崎山・うみたまご前から大分市営陸上競技場に至るコースで行われ、今大会限りで第一線から退く深津卓也(旭化成)が2時間9分6秒で、日本勢3番手となる6位に入った。

 フィニッシュの瞬間の小さなガッツポーズに、深津の充実感がこもっていた。「最後と決めた集大成のレース。楽しんで走れた」

 終盤で先頭争いから遅れてもリズムを保って粘り、フィニッシュ直前では1人を抜く気迫も見せた。タイムも自己記録を4年ぶりに25秒更新。それでも「自己ベストはうれしいというか、(今になって更新し)複雑ではある。6位という順位も残念」。決して満足しないところに、常に高い目標に挑んできた道のりが表れた。

 群馬・東農大二高、駒大を経て旭化成に入社し10年目の32歳。けがなどで思うように走れない時期も多く、「紆余(うよ)曲折があって苦しい競技生活だった」と振り返った。

 レース後には4歳の一人息子、昂平ちゃんから「パパおつかれさま」と書いた手作りの小さなメダルを首にかけてもらった。おだやかに笑った目が、潤んでいた。【石井朗生】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の「森進一」に成り済まし給付金詐取 同姓同名の被告、起訴内容認める

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  4. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  5. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです