メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吉田、40キロで首位争い離脱 失速わずかにとどめ3位維持 別大マラソン

3位でフィニッシュする吉田祐也=大分市で2020年2月2日、徳野仁子撮影

[PR]

 第69回別府大分毎日マラソン大会(毎日新聞社など主催、日本陸上競技連盟など後援、ピー・シー・エー、ソニー生命特別協賛)が2日、大分市の高崎山・うみたまご前をスタートし、別府市を経由して大分市営陸上競技場にフィニッシュするコースで開かれ、ハムザ・サリ(モロッコ)が大会新記録の2時間8分1秒で初優勝。青学大4年の吉田祐也が初マラソンで学生歴代2位の2時間8分30秒で日本人トップの3位に入った。小山司(SUBARU)が4位、深津卓也(旭化成)が6位、聞谷賢人(トヨタ紡織)が7位、湊谷春紀(DeNA)が8位に入り、10位の小林光二(SUBARU)までが2時間10分を切った。

 女子の部はレイチェル・ロジャーズ(オーストラリア)が2時間40分2秒で初めて制した。

後方で粘った小山4位、深津、聞谷、湊谷、乱れず上位に

 30キロまでペースメーカーが安定したペースで先導した。31キロ過ぎでゴダナらがペースを上げて集団が崩れかけたが、34キロ付近で10人の集団に戻った。36キロ手前からサリ、ゴダナら外国勢3人のペースアップに吉田がつき、39キロ過ぎでは吉田が仕掛ける場面もあった。

 サリとゴダナは終盤まで競り合い、最後に突き放したサリが大会記録を14秒更新して制した。吉田は40キロで首位争いから離れたが、失速をわずかにとどめて3位を維持した。

 その後方で粘って追い続けた小山が4位。深津や、初マラソンながら積極的に集団の前方に位置する場面もあった聞谷、湊谷も動きを乱さず8位までに続いた。10位までが2時間10分を切り、過去最多だった昨年の6人を大きく上回った。【石井朗生】

「日本男子マラソンのレベルは確実に上がっている」

瀬古利彦・日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトリーダー

 日本選手が6人、2時間10分を切ってくれたのは収穫。(小椋裕介のハーフマラソン日本記録更新と合わせ)日本の男子マラソンのレベルは確実に上がっている。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休園?一部受け入れ?それとも原則開園? 緊急事態宣言、保育園「どうしたら…」

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  4. 緊急事態宣言 休業か、一部営業か「あらゆる事態想定」 対応追われる百貨店

  5. 「緊急事態宣言」8日午前0時効力発生へ 首相、記者会見で説明へ 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです