特集

別府大分毎日マラソン

第69回別府大分毎日マラソン大会は2月2日正午、大分市の高崎山・うみたまご前をスタートし、別府市の亀川漁港前で折り返し、大分市営陸上競技場にフィニッシュする日本陸連公認コースで開催される。

特集一覧

サリ、デッドヒート制し優勝「予定通りスピードアップできた」 別大マラソン

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
39キロ過ぎ、前に出る青山学院大の吉田祐也(左)を確認するアブデラ・ゴダナ(右)。中央は優勝したハムザ・サリ=大分市で2020年2月2日、須賀川理撮影
39キロ過ぎ、前に出る青山学院大の吉田祐也(左)を確認するアブデラ・ゴダナ(右)。中央は優勝したハムザ・サリ=大分市で2020年2月2日、須賀川理撮影

 第69回別府大分毎日マラソン大会(毎日新聞社など主催、日本陸上競技連盟など後援)が2日、大分市の高崎山・うみたまご前をスタートして大分市営陸上競技場でフィニッシュする42・195キロのコースで開かれ、ハムザ・サリ(モロッコ)が2時間8分1秒の大会新で初優勝した。

 サリがゴダナ(エチオピア)とのデッドヒートを制し、すでに代表を決めている東京五輪に向けて弾…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文447文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集