特集

別府大分毎日マラソン

第69回別府大分毎日マラソン大会は2月2日正午、大分市の高崎山・うみたまご前をスタートし、別府市の亀川漁港前で折り返し、大分市営陸上競技場にフィニッシュする日本陸連公認コースで開催される。

特集一覧

「30キロまではこの程度」強心臓3位・吉田の輝く「将来性」 別大マラソン

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
3位でフィニッシュする吉田祐也=大分市で2020年2月2日午後2時7分、徳野仁子撮影
3位でフィニッシュする吉田祐也=大分市で2020年2月2日午後2時7分、徳野仁子撮影

 第69回別府大分毎日マラソン大会(毎日新聞社など主催、日本陸上競技連盟など後援)が2日、大分市の高崎山・うみたまご前をスタートして大分市営陸上競技場にフィニッシュする42・195キロのコースで開かれ、ハムザ・サリ(モロッコ)が2時間8分1秒の大会新で初優勝。青学大4年の吉田祐也が初マラソン記録と学生記録で日本歴代2位となる2時間8分30秒で日本人トップの3位に入った。

 フィニッシュする直前、トラックの最終コーナーを回りながら吉田が帽子を取り、右手を突き上げた。日本学生記録には18秒及ばなかったが3位の好結果。「達成感と充実感に対して手を上げた」と振り返った。

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文798文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集