メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

視覚障害二つの世界新 道下、井内「こんな私でも達成できた」 別大マラソン

視覚障害選手の部女子(T11)で世界記録を更新しフィニッシュする井内菜津美=大分市営陸上競技場で2020年2月2日、徳野仁子撮影

 2日に開かれた第69回別府大分毎日マラソン大会の視覚障害選手の部の女子で、二つの世界新記録が生まれた。T12クラスでリオデジャネイロ・パラリンピック銀メダリストの道下美里選手(43)=三井住友海上、福岡=が、自身が持つ記録を上回る2時間54分22秒で優勝した。4位の井内菜津美選手(30)=みずほフィナンシャルグループ、大阪=もT11クラスで3時間12分55秒の世界記録を更新。2人とも笑顔で喜びを語った。

 視覚障害者部門は障害の程度でT11~13の3クラスに分類され、T11は障害が最も重いクラスになる。

この記事は有料記事です。

残り765文字(全文1019文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. ノーベル賞・本庶氏が小野薬品提訴を表明 オプジーボ特許使用料226億円求め

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  5. かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです