メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「粘って粘って持ち味出して」日本勢2番手4位・小山 別大マラソン

33キロ過ぎ、先頭集団を走る深津卓也(左)と小山司=大分市で2020年2月2日、須賀川理撮影

[PR]

 第69回別府大分毎日マラソン(毎日新聞社など主催)は2日、大分市高崎山・うみたまご前から大分市営陸上競技場に至るコースで行われ、小山司(SUBARU)が自身初めて2時間10分を突破する2時間8分53秒で、日本勢2番手となる4位に入った。

 小山は自己記録を2分27秒更新して4位入賞。35キロを過ぎて先頭集団から離れたものの、「動かせるだけしっかり動かそう」と意欲を切らさず走り切った。「現状の力を出せた。2時間10分を切るだけでなく、8分台まで入れたのもよかった」と充実感を見せた。

 埼玉・武蔵越生(おごせ)高、帝京大出身の28歳。高校の同級生だったマラソン前日本記録保持者の設楽悠太(Honda)が高校時代からずっと強さを維持していることに、大きな刺激を受けているという。「自分も速さでは超えられなくても、粘って粘ってという持ち味を出して勝負したい」と、更なる進歩を目指している。【石井朗生】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  3. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  4. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです