特集

別府大分毎日マラソン

第69回別府大分毎日マラソン大会は2月2日正午、大分市の高崎山・うみたまご前をスタートし、別府市の亀川漁港前で折り返し、大分市営陸上競技場にフィニッシュする日本陸連公認コースで開催される。

特集一覧

近藤さんパラ推薦枠逃す 昨年の乳がん手術から復帰 別大マラソン視覚障害

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子(視覚障害T12)で3位でフィニッシュする近藤寛子(左)=大分市営陸上競技場で2020年2月2日、徳野仁子撮影
女子(視覚障害T12)で3位でフィニッシュする近藤寛子(左)=大分市営陸上競技場で2020年2月2日、徳野仁子撮影

 2日の第69回別府大分毎日マラソン大会で、視覚障害選手の部の女子に出場した近藤寛子さん(53)=滋賀銀行、滋賀県栗東市=は、自己最高記録を更新する力走をみせたが3位に終わり、東京パラリンピックの出場推薦枠を逃した。乳がんの手術などで満足に練習ができず臨んだ別大。悔しさをにじませながら「よくここまで走れた。次はもっといいタイムで走れる」と前を向いた。

 近藤さんは、2001年に視野が徐々に狭まる難病「網膜色素変性症」を発症。右目はストローの穴ほど、左目は針の太さほどの範囲しか見えない。05年に視覚障害者マラソンに出会って頭角を現し、16年の別大で2位。同年のリオデジャネイロ・パラリンピックに出場して5位入賞を果たした。

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文693文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集