メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クックパッドニュース

[心理テスト]今日は節分!鬼のお面でわかる「心の中に潜むブラックな顔」

情報提供:クックパッド 利用規約

2月3日は節分。節分の一大イベントと言えば、豆まき。「鬼は外~!福は内~!」という子供たちの元気な声が、聞こえてきそうですね。今回は、そんな節分にちなんだ心理テストをご紹介!このテストでわかるのはどんなことか?さっそくチェックを。

節分心理テストで鬼を退治しよう!

節分と言えば豆まき♪楽しみにしているお子さんも多いはず。豆まきに欠かせないのが、鬼のお面です。今回は、節分の盛り上げ役である鬼のお面のテストにフィーチャーしました。家族やお友達と、ぜひワイワイ楽しみながらやってみてくださいね。

次の問題を読み、直感で1つ、答えを選んでください。

節分のために鬼のお面を作ろうと思います。鬼の顔は何色にする?

(1)赤
(2)青
(3)黄色
(4)ピンク

この心理テストでわかるのは?

節分で払われる鬼は、人の心の中に住む怨みや憎しみだと言われています。実はそれは、あなたの心の中にいるもう一人の自分自身の投影。選んだ答えから、「あなたのブラックな顔」を暴き出します。心の鬼を退治する恵方巻の具材も紹介していますから、ぜひ食べてみてくださいね。

(1)「赤」を選んだ人の心の中に潜むブラックな顔は、「欲深い顔」

赤鬼は、欲望や渇望などすべての悪の象徴と言われています。これを選んだ人の中に潜むブラックな顔は、欲深い顔。欲しいものがどうしても我慢できないなんてこと、ありませんか?そんなあなたは野菜やかんぴょう入りの恵方巻を食べるのがおすすめ。豊富な食物繊維が心と体の浄化を促進!毒素やブラックな気持ちも洗い流してくれそう

2020年節分・恵方巻き(シンプル編) by はーとねこ
2020年の恵方は、西南西。

(2)「青」を選んだ人の心の中に潜むブラックな顔は、「自分に厳しい顔」

「青」が象徴しているのは、自制心です。あなたは完璧主義者で、自分に厳しすぎる面があるみたい。立派な結果を出しても納得できず、自分を追い込み、一人ブラック企業化しやすい傾向が。そんなあなたには、フルーツたっぷりのスイーツ系恵方巻を。陽の気が強いこの具材を食べることで、頑なな心も軟化。自分に優しいあなたになれるはず。

節分にホケミで恵方巻シフォンロールケーキ by juri☆juri
❄ カテゴリー掲載 ❄ 節分にホットケーキミックスで作る恵方巻ロールケーキ

(3)「黄色」を選んだ人の心の中に潜むブラックな顔は、「自己チューでわがままな顔」

自己肯定感の高さを表すのが、「黄色」。この色の鬼を選んだあなたは、実は明るく自信に満ち溢れたタイプ。反面、自己中心的でわがままという、意外にブラックな顔も。節分に食べるといいのは、海鮮たっぷりの恵方巻DHAが豊富な魚は、冷静な判断力を授けてくれるパワーフードです。瞑想のように目を閉じて食べると、暴走を防ぐ効果も急上昇。

巻き方簡単♪海鮮恵方巻き☆ by クックパッド料理動画
子どもも食べやすいごはん少なめだけど具だくさんな海鮮恵方巻き♪巻き方も簡単なので、おうちでチャレンジしてみて☆

(4)「ピンク」を選んだ人の心の中に潜むブラックな顔は、「努力が苦手なナマケモノの顔」

「ピンク」は、甘美さや喜びを表すカラー。これを選んだ人は、甘え上手。面倒や努力が苦手で、なんでも人に頼り、ちゃっかり美味しいところをさらうのが得意技かも。誘惑にも弱く、知らぬ間にスイーツや不毛な恋愛沼にハマることも。節分は、カツやハムなど肉系恵方巻で喝入れを。他力本願でヤワな鬼を退治し、自ら人生を切り拓いていく勇気あふれるあなたへ

節分★とんかつ恵方巻き(太巻き) by aprea
合格祈願!昇格昇進!勝つ、カツ、かつ、のとんかつ恵方巻。お肉好きな人にも。2019年の恵方は東北東♪  

いかがでしたか?2020年の神様がいらっしゃる恵方は、「西南西」。しゃべると運が逃げてしまうので、食べきるまでは無言で。心の住むブラックな顔を追い払い、幸せな1年にしてください。 (TEXT: 占い師 涼月くじら)

関連記事


情報提供:クックパッド 利用規約

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  5. 子供向けマスク 6日から販売 50回洗濯可 ミキハウス

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです