メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第61回毎日芸術賞贈呈式 受賞者喜びの声

毎日芸術賞を受賞しスピーチする逢坂剛さん=東京都文京区で2020年1月24日、根岸基弘撮影

 第61回毎日芸術賞(特別協賛・信越化学工業株式会社)の贈呈式が1月24日、東京都内で開かれた。受賞した6人が喜びを語った。

 警察小説「MOZU」シリーズを昨年刊行の『百舌(もず)落とし』(集英社)で完結させ、文学Ⅰ部門を受賞した作家の逢坂剛さんは「MOZUにようやく日の光が当てられた。33年書いてきたかいがあったと誇らしく思う」と語った。

 残忍な謎の殺し屋「百舌」の正体を追う同シリーズは、2014年にドラマ化、15年に映画化された。「公安警察という当時知られていない分野から警察組織の腐敗を書いたため、なかなか映像化できなかった。それができたのは、ようやく時代が追いついたと感じた」と振り返った。その上で「誰も書かないものを書くのが作家の使命だと思う」と力を込めた。

この記事は有料記事です。

残り1365文字(全文1701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 誰にも知られず3カ月で消えた命 父不明、トイレ出産、出生届もなく…孤立した母

  4. なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです