メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンコール

サロネン指揮フィルハーモニア管弦楽団 極上の一夕にひたる=評・大木正純

エサ・ペッカ・サロネン指揮フィルハーモニア管弦楽団=Hikaru.☆撮影

 イギリスの名門、フィルハーモニア管弦楽団の日本ツアーが、来年に首席指揮者のポストを退くフィンランド生まれの名指揮者エサ・ペッカ・サロネンとのコンビで行われた。東京における公演から、その一夕を聴く。

 シベリウスの交響詩には人気作が少なくないが、この日の1曲目「大洋の女神(波の娘)」が取り上げられるケースは珍しい。自国の知られざる作品をという、サロネンの意向が窺(うかが)える。曲は神話に霊感を得て書かれたシンプルな小品。オーケストラはこの交響詩に満ちる海のイメージを、精細に描き出して遺憾なく好調ぶりを示す。

 続くショスタコーヴィチの傑作、ヴァイオリン協奏曲第1番では、客演の庄司紗矢香が圧倒的な名演奏を聴かせた。陰々滅々たるモノローグを思わせる第1楽章ノクチュルヌが、かくも揺るぎない説得力とともに語られるのを、私はこれまで聴いたことがない。隅々まで活力に満ち溢(あふ)れたスケルツォ楽章の充実感も、一転して第3楽章パッサカリアの神々しいまでの美しさも、これまた驚異的だ。そのあと、すさまじい集中力で奏でら…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 120度の高温で生息する微生物群発見 海底下1200メートル掘削調査

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 「自分が冤罪被害とは」事故1年後に逮捕の母 乳幼児揺さぶられ症候群

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです