メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

波のまにまに

寅さんの似合う街=戸田栄

 「そういう話はもう少し気つこうて聞いたれよ」と大阪弁で復活したフーテンの寅さん。三十数年ぶりに、東大阪の石切神社参道沿いの実家へ帰ったが、妹のさくらが「お兄ちゃん、結婚はしてへんの?」とぶしつけに聞き、苦い顔。私も人生いろいろと思う今日このごろである。「ほんまや、さくらはデリカシーが足りんのちゃう」と、テレビの前で寅さんの言葉に何度も相づちを打った。大阪の寅さんも、なかなか味わいがあった。

 昨年が名作「男はつらいよ」の映画化50周年で、年末からシリーズの新作映画が公開され、1月にはNHKのBS放送で4回、大阪を舞台にした「贋作 男はつらいよ」が放送された。落語家の桂雀々さんは、たいしたものだ。誰もが愛してやまない故・渥美清さんになり代わり、寅さんを演じるという離れ業をやってのけた。面白かったのに、もう終わってしまった。ぜひ続きをお願いしたい。

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  3. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. 北九州市、無症状の濃厚接触者にもPCR検査 感染確認急増に影響か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです