メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

冬の味覚を求め、寒鱈汁に長い列 酒田でイベント /山形

湯気が立ち上る大鍋から盛られる寒鱈汁を求めて長い行列ができた=山形県酒田市で

 旬のマダラをぶつ切りにし、まるごと煮込んだ寒鱈(かんだら)汁を提供する酒田日本海寒鱈まつりが1月25、26の両日、酒田市の中心商店街などで開かれた。湯気が立ち上る大鍋から盛られる、庄内の冬を代表する味覚を求め、家族連れや観光客らがどっと繰り出した。

 地元の食文化を紹介し、冬季の観光振興につなげよう…

この記事は有料記事です。

残り155文字(全文305文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子供向けマスク 6日から販売 50回洗濯可 ミキハウス

  2. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

  5. 百田氏も「なんやねん」 布製マスク配布に右派も反発?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです