メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

それゆけ!体験隊

スポーツチャンバラ ルール分かりやすく、痛くない 「秒殺」されても爽快感 /岐阜

世界2位の川瀬春人さんとスポーツチャンバラで対戦する記者(左)=岐阜県垂井町の県立不破高で

 先日、県立不破高(垂井町)の前を通ると「スポーツチャンバラ部 世界2位」の懸垂幕が目に留まった。あまり聞いたことのない言葉に「?」。子供の頃、遊んだチャンバラがスポーツとは、どんな競技か。チャンバラなら対等に戦えるかもしれないと部の門をたたいた。【渡辺隆文】

 スポーツチャンバラは1971年、護身を目的とした「護身道」が、スポーツに発展したという。剣道のように一本を取ることで勝敗をつけるが、体のどの部位を打ってもいいというルールで、分かりやすい。かつて、丸めた新聞紙を振り回して遊んだ「チャンバラごっこ」と同じだ。

 道具はゴムチューブに空気を入れた「エアソフト剣」を使う。素材は柔らかく、安全面にも配慮しており幼い子供から年配者まで楽しめるスポーツだ。45センチの「短刀」、60センチの「小太刀」、100センチの「長剣」など6種類。

この記事は有料記事です。

残り842文字(全文1210文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  4. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  5. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです