メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@あいち

五輪マラソン代表・鈴木選手が慕う 夏目輝久さん(71) /愛知

夏目輝久さん

 元高校教諭で、多くの教え子を全国高校総体(インターハイ)などに導いてきた県内有数の指導者として知られる。東京五輪女子マラソンの日本代表に決まった豊橋市出身の鈴木亜由子選手(28)=日本郵政グループ=がけがで伸び悩んでいた県立時習館高時代には、「走らないことも練習」と教え、本宮山(豊川市)の登山に誘ったりするなど、心身共にサポートしてきた。

 初めて鈴木選手を知ったのは、豊橋市立八町小6年の時。1キロを3分数秒のタイムで走ったと聞き、「同学年の男の子でも難しいタイム」と驚きを隠せなかった。鈴木選手は同市立豊城中2年の時に出場した全日本中学体育大会の800メートルと1500メートルの2種目で優勝するなど、注目される存在になっていった。

この記事は有料記事です。

残り812文字(全文1131文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  2. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  3. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  4. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

  5. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです