メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの味この味

延岡のシシ肉 地域財産、シェフも絶賛 /宮崎

同社で最高級のイノシシのロース肉を持つ松田さん。東京を中心に有名料理店からの注文が相次ぐ

 冬の味覚・イノシシ。野趣あふれる味が魅力だが、延岡市のシシ肉・シカ肉販売店「まつだ屋・ジビエ」が提供するシシ肉は、獣臭さがなくジビエの概念を変えるとの評判だ。東京の有名レストランのシェフらが絶賛するという肉を味わってみた。

 「まずは食べてみらんね」と運営会社「マツダコーポレーション」の松田秀人社長(70)がフライパンでイノシシのロースとバラを焼き始めた。

 まず、匂いをかいだが、獣臭さがない。塩こしょうのみの味付けで焼きたてを頰ばった。肉と脂の甘みが口に広がった。特に脂が甘くてうまい。「カシなど自然の木の実を食べて育つ野生のイノシシならではだよ」と松田社長。コリコリとしたシシ肉の皮ならではの歯ごたえも楽しい。数枚をぺろりと平らげた。「肉を焼いた後に残る脂でチャーハン作ったら最高よ」

この記事は有料記事です。

残り614文字(全文959文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 「鳥取・島根に観光」記事 おわびして削除します

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです