メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの味この味

延岡のシシ肉 地域財産、シェフも絶賛 /宮崎

同社で最高級のイノシシのロース肉を持つ松田さん。東京を中心に有名料理店からの注文が相次ぐ

 冬の味覚・イノシシ。野趣あふれる味が魅力だが、延岡市のシシ肉・シカ肉販売店「まつだ屋・ジビエ」が提供するシシ肉は、獣臭さがなくジビエの概念を変えるとの評判だ。東京の有名レストランのシェフらが絶賛するという肉を味わってみた。

 「まずは食べてみらんね」と運営会社「マツダコーポレーション」の松田秀人社長(70)がフライパンでイノシシのロースとバラを焼き始めた。

 まず、匂いをかいだが、獣臭さがない。塩こしょうのみの味付けで焼きたてを頰ばった。肉と脂の甘みが口に広がった。特に脂が甘くてうまい。「カシなど自然の木の実を食べて育つ野生のイノシシならではだよ」と松田社長。コリコリとしたシシ肉の皮ならではの歯ごたえも楽しい。数枚をぺろりと平らげた。「肉を焼いた後に残る脂でチャーハン作ったら最高よ」

この記事は有料記事です。

残り614文字(全文959文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです