メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

30年冬季五輪開催地、どう決まる? 7年前決定の規定撤廃 負担減へ共催も認める=回答・浅妻博之

札幌では1972年に五輪が開催された。スキージャンプ70メートル級では日本勢が表彰台を独占

 なるほドリ 2030年冬季五輪・パラリンピックの国内候補地(こうほち)に札幌市が決定したね。開催地(かいさいち)はこの先、どうやって決まるの?

 記者 国際オリンピック委員会(IOC)と招致(しょうち)都市との本格的な話し合いが始まります。ステージは2段階に分かれ、第1段階では、IOC委員ら8人で構成する「将来開催地委員会」の助言を受けながら、招致都市が開催計画を煮詰めていきます。第2段階に進むと、政府の財政保証(ざいせいほしょう)を文書で求められ、必要に応じて委員の現地訪問も受けます。委員会がまとめる評価報告書(ひょうかほうこくしょ)を基にIOC理事会が候補地を一つまたは複数に絞り込み、総会で決定します。

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  2. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  3. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  4. NY株、過去最高値を更新 ナスダック、SPも 米新政権の経済対策が後押し

  5. ORICON NEWS 新型コロナワクチン、6割超「受けたくない」 女子高生100人にアンケート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです