メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 武漢隣接市、感染1000人 農村部多く 医療格差深刻

 感染が拡大する新型コロナウイルスによる肺炎を巡って、中国湖北省黄岡市の感染者数が2日、隣接する同省武漢市以外で初めて1000人を超えたことが確認され、危機感が強まっている。黄岡市は主に農村地域で、武漢市に比べて医療体制は脆弱(ぜいじゃく)とされる。中国メディアは、治療設備はもちろん、入院患者への温かい食事さえ事欠く現地の窮状を伝えている。【北京・河津啓介】

 当局の対応に不満が強まる中、黄岡市政府は1日、感染対策に不備があったとして市衛生健康委員会トップら337人を処分したと発表。市街区の住民を対象に事実上の外出禁止令を出して対策を強化している。

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文976文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  2. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  3. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  4. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

  5. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです