メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

子どもの気持ち 群馬の女子高生自殺/中 「守られない私の意志」

小学生のころに家族で旅行した北海道でラベンダー味のソフトクリームを食べるカナさん。右は祖父=親族提供

 <kyoiku no mado>

 2017年の春休み中に高層ビルから飛び降り命を絶った群馬県の高校2年の桜井カナさん(当時16歳、仮名)は複雑な家庭環境で育った。

 生まれてすぐに両親が離婚。母親が心の病気で入退院を繰り返す中、頼りは別のまちで暮らす母方の祖父母だった。しかし、小学校に上がる直前、祖母は車を運転中に交通事故で命を落とす。その助手席にはカナさんが乗っていた。奇跡的に助かったが、「いつかトラウマとして表出するのではないか」と案ずる専門家もいた。

 温かく見守り続けたのが祖父だった。彼女も慕っていた。「おじいちゃんの卵焼きがおいしかったんだよね」。中学時代の友人はカナさんがうれしそうに自慢していた姿を覚えている。

この記事は有料記事です。

残り1384文字(全文1698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  3. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  4. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです