メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 感染者足取り、公表に差 厚労省慎重、個人の特定防ぐ/大阪府積極的、不安軽減図る

山梨県富士河口湖町には、富士山観光で外国人が多く訪れる。県は感染したバス運転手が県内に滞在したと明らかにしたが、具体的な場所は公表していない=2020年1月30日、高田奈実撮影

 新型コロナウイルスの感染者がどこに滞在していたのかを巡り、厚生労働省と都府県の一部で公表範囲の差が目立っている。厚労省は「感染力が強まれば広く公開する場合もあるが、今はその状況にない」と慎重姿勢を崩さない。一方、大阪府などは「情報が少ないとかえって不安になる」と、感染者の詳しい足取りについて独自公表に踏み切っている。【津久井達、阿部亮介、内田幸一】

 「国があまりに情報開示しないので、違うやり方でやっていく」。大阪府の吉村洋文知事は1月31日、国の姿勢を批判し、独自に感染者情報を開示する方針を改めて強調した。

この記事は有料記事です。

残り1093文字(全文1350文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  3. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  4. ライブハウス自粛影響調査 困窮浮き彫り 札幌のバンド有志「他業種が声上げるきっかけに」

  5. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです