桜、IR…首相「真摯に説明し、信頼を勝ち得たい」 20年度予算案実質審議がスタート

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会で自民党の岸田文雄政調会長(左手前から2人目)の質問に答える安倍晋三首相(右)=国会内で2020年2月3日午前9時9分、川田雅浩撮影
衆院予算委員会で自民党の岸田文雄政調会長(左手前から2人目)の質問に答える安倍晋三首相(右)=国会内で2020年2月3日午前9時9分、川田雅浩撮影

 衆院予算委員会は3日午前、2020年度予算案に関する基本的質疑を行った。安倍晋三首相は、「桜を見る会」の問題やカジノを含む統合型リゾート(IR)を巡る一連の疑惑について「国民に説明すべきは真摯(しんし)に説明し、選挙で約束したことをしっかりと実行していくことによって、信頼を勝ち得ていきたい」と述べた。

 自民党の岸田文雄政調会長は質問で「国民の信頼に応えるという観点から、首相や政府にしっかり対応を求めたい」と求めた。

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文426文字)

あわせて読みたい

ニュース特集