メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相、新型肺炎の検査強化を表明 危機管理で組織見直しも

衆院予算委員会で自民党の岸田文雄政調会長(左手前から2人目)の質問に答える安倍晋三首相(右)=国会内で2020年2月3日午前9時9分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は3日の衆院予算委員会で、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受け、ウイルス検査態勢を強化する方針を表明し、短時間で感染の有無を調べる簡易検査キットの開発に着手したことを明らかにした。また、新たな感染症に備えるため、組織を見直す考えも示した。

 首相は「国内の感染症例も広がる中、国内の検査態勢や相談態勢の充実、拡大は喫緊の課題だ」と指摘。現在、国立感染症研究所や地方衛生研究所で実施している検査について「民間の検査機関でもできる態勢の構築に向け、取り組んでいる」と説明。また、簡易検査キットの開発については、民間との連携を視野に入れ、「既に着手した」と述べた。自民党の岸田文雄政調会長への答弁。

 岸田氏は、重症急性呼吸器症候群(SARS)や鳥インフルエンザなど、これまで問題となった感染症を列挙し、政府の体制を強化するため、省庁横断的に指揮する次官級ポストの創設を提案。これに対し、首相は「組織を強化していくことは重要な視点だ。感染症の危機管理体制の不断の見直しを進め、対応力を一層、高めていきたい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り721文字(全文1183文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳

  2. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  3. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  4. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです