特集

検証・安倍政権

7年8カ月余りにわたった第2次安倍晋三政権が幕を閉じました。数々の疑惑、課題が残されたままです。

特集一覧

「前夜祭は安倍方式」「桜を見る会はマネーロンダリング」立憲・辻元氏

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会で「桜を見る会」を巡る問題について安倍晋三首相(右)の答弁姿勢などに抗議する質問者の立憲民主党の辻元清美幹事長代行(左列手前)ら=国会内で2020年2月3日午後4時28分、川田雅浩撮影
衆院予算委員会で「桜を見る会」を巡る問題について安倍晋三首相(右)の答弁姿勢などに抗議する質問者の立憲民主党の辻元清美幹事長代行(左列手前)ら=国会内で2020年2月3日午後4時28分、川田雅浩撮影

 「前夜祭は安倍方式」「桜を見る会はマネーロンダリング(資金洗浄)」――。3日の衆院予算委員会で、立憲民主党の辻元清美氏は「桜を見る会」の前夜祭で「主催は後援会だが、契約の主体は個人で、個人が(会費を)支払った」(安倍晋三首相)とする手法を「安倍方式」と命名。政治資金収支報告書の記載を逃れる「脱法行為だ」と追及した。

 さらに、安倍事務所が支援者に申込書を送付し、知人らも含めて会の参加者を募っていたことについて「私たちが選挙区の人を招待してお花見して飲み食いさせたら公職選挙法違反になる。でも、内閣府を介在させたらいいと言っている。マネーロンダリングを想起してしまう。同じ行為でも、黒を白にしている」と批判を展開。「(前夜祭を開催した)ホテルのことも同じ。これが安倍首相の本質だ」とたたみかけた。

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文579文字)

【検証・安倍政権】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集