特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米大統領選民主党指名争いスタート 熱帯びる他候補への「口撃」 3日にアイオワ州党員集会

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「労働者のための政府と経済を作る」と訴えるバーニー・サンダース上院議員=米中西部アイオワ州シーダーラピッズで2日、高本耕太撮影
「労働者のための政府と経済を作る」と訴えるバーニー・サンダース上院議員=米中西部アイオワ州シーダーラピッズで2日、高本耕太撮影

 11月の米大統領選に向け、民主党候補指名争いの皮切りとなる中西部アイオワ州党員集会が3日、実施される。主要候補は最後の週末、州内を駆け回り支持を訴えた。今後の指名レースの流れを左右する初戦での勝利を目指し、他候補への攻撃も熱を帯びた。

 「エネルギーが必要だ。皆が投票に行けば我々は勝てる」。バーニー・サンダース上院議員(78)は2日、州東部シーダーラピッズで支持者に呼びかけた。会場の事務所から聴衆数百人があふれ、集会は急きょ、屋外の駐車場に移された。

 サンダース氏は「カネで選挙を買わせない」とも述べ、大口献金を受け取っているジョー・バイデン前副大統領(77)や富豪のマイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長(77)を当てこすった。

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文991文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集