メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 武漢で突貫工事の専門病院が稼働 「焼け石に水」の指摘も

中国・武漢に建設された新型肺炎の専門病院=2020年2月2日、AP

 新型コロナウイルスによる肺炎対策のため中国湖北省武漢市で突貫工事で建設された専門病院(1000床)が3日、患者の受け入れを始めた。6日に市内二つ目の専門病院(1600床)が稼働予定で、既存施設を含め計約1万床が新型肺炎の治療に充てられる。ただ同市の感染者は…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文352文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  5. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです