メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 武漢で突貫工事の専門病院が稼働 「焼け石に水」の指摘も

中国・武漢に建設された新型肺炎の専門病院=2020年2月2日、AP

 新型コロナウイルスによる肺炎対策のため中国湖北省武漢市で突貫工事で建設された専門病院(1000床)が3日、患者の受け入れを始めた。6日に市内二つ目の専門病院(1600床)が稼働予定で、既存施設を含め計約1万床が新型肺炎の治療に充てられる。ただ同市の感染者は…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文352文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  4. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです