メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湖北省以外にも都市封鎖広がる 新型肺炎の死者SARS超えで

中国・武漢の空港で避難する飛行機に搭乗するため書類に記入する人たち=1日、AP

 中国政府は3日、新型コロナウイルスによる肺炎の死者が前日に比べ湖北省と重慶市で57人増え、中国本土で計361人になったと発表した。2002~03年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)による死者349人を上回った。また、感染者は2829人増えて1万7205人(うち重症は2296人)になった。感染拡大を受け、中国内外での移動規制がさらに広がった。

 中国では春節(旧正月)の大型連休が3日に明けたが、多くの企業や学校の本格再開は10日以降に延期されている。交通当局によると1月10日~2月2日に交通機関を利用したのは延べ12億8500万人と前年比27・4%減だった。国内外への団体旅行禁止など規制強化の影響とみられる。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文625文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳

  2. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  3. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  4. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです