メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文化財の建物ゴロゴロ25メートル 南海・諏訪ノ森旧駅舎、曳家工事始まる

 国の登録有形文化財になっている南海本線・諏訪ノ森駅(堺市西区)の旧駅舎を、建物ごと約25メートル移動させる曳家(ひきや)工事が3日、始まった。

 旧駅舎は木造平屋で1919(大正8)年に建てられた。付近の海岸から淡路島を望む風景が描かれたステンドグラスの装飾が上部の明かり取り窓に施されるなど、レトロ…

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文332文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

  5. 首相、施政方針で低姿勢に終始 「世論に振り回されている」漂う手詰まり感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです