メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

データで見る囲碁

実力を数値化すると現トップは一力八段 芝野名人も急成長 本因坊文裕は?

囲碁棋士のレーティング(2019年末)

 2019年の囲碁界は、17年に7大タイトルの再制覇を果たした本因坊文裕(30)=井山裕太九段=が3冠まで後退。代わって、10代初の7大タイトルを獲得した芝野虎丸名人(20)が2冠に躍進し、文裕より下の世代の活躍が目立った。各棋士の実力をレーティングという手法で数値化してみると、1強を誇った文裕は20代棋士3人にのみ込まれ、激しいデッドヒートを繰り広げている姿が浮かび上がった。【丸山進】

 レーティングは、チェスなど1対1の競技で使われているほか、囲碁や将棋などのネット対局でも広く使われている。その中でも代表的な「イロレーティング」は、勝った相手が格上であるほど大きく上がり、逆に負けた相手が格下であるほど大きく下がる。この手法を使い、10年1月の全棋士のレーティングを初期値1500からスタートし、19年末までの国内公式戦のデータで算出した。その結果は、現役最強棋士は文裕ではなく、一力遼八段(22)だった。

以下も含めると

①一力遼八段(22)  レーティング2102

②芝野虎丸名人(20) 同2060

③本因坊文裕(30)  同2055

④許家元八段(22)  同2031

という順になり、20代棋士3人が文裕に追いついていた。

 一力は、18年後半からレーティングを上げて独走状態の文裕を猛追。19年4月の碁聖戦本戦準決勝で文裕を降した時点でトップに立った。19年は7大タイトル戦に一度も登場できなかったが、年間勝率7割7分1厘は全棋士中トップ。NHK杯と竜星戦で優勝するなどコンスタントな勝ちっぷりで2位以下に水をあけた。

 2位の芝野は、本因坊戦こそプレーオフの末に挑戦権獲得を逃したが、挑戦者となった名人戦と王座戦では奪取に成功した。対局数と勝利数は全棋士で一番多く、レーティングの昨年1年間の伸び幅は130で、棋士の中で最も大きかった。

 「伸び幅130」というのは、どのくらいの成長なのか。レー…

この記事は有料記事です。

残り890文字(全文1690文字)

丸山進

これまで東京学芸部や東京経済部などで取材。現在は学芸部で囲碁、将棋を担当する。以前は放送分野を取材したことも。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  4. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  5. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです