特集

検証・安倍政権

7年8カ月余りにわたった第2次安倍晋三政権が幕を閉じました。数々の疑惑、課題が残されたままです。

特集一覧

IR汚職 下地氏ら6議員起訴見送りへ 特捜部は秋元議員の「空白の30分」に注目

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
秋元司容疑者=川田雅浩撮影
秋元司容疑者=川田雅浩撮影

 カジノを含む統合型リゾート(IR)参入を巡る汚職事件は、衆院議員の秋元司容疑者(48)が3日、収賄罪で追起訴され、舞台は法廷に移る。秋元議員は起訴された4度の賄賂受け取りを全て否認しており、繰り返し賄賂を受領したとして悪質性を立証する方針の検察側と全面対決する構図。関係者の供述が鍵を握りそうだ。

 東京地検特捜部が起訴した計4度の賄賂のうち、最も額が大きいのは衆院解散当日、2017年9月28日の現金300万円だ。秋元議員は、中国企業「500ドットコム」顧問の紺野昌彦被告(48)らから議員会館の事務所で受け取ったとされる。だが、秋元議員はそもそも授受はなく、面会の記憶もないと反論しているという。

 関係者によると、多忙だった秋元議員側のスケジュールには「空白の30分」があったという。特捜部はこの時間帯に授受があったとみている模様だが、当時の政策秘書の豊嶋晃弘被告(41)=収賄罪で在宅起訴=や紺野被告らの供述が証拠の中心とみられ、激しい攻防が予想される。

この記事は有料記事です。

残り1072文字(全文1502文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【検証・安倍政権】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集