メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府が新型肺炎の検査対象を拡大へ 保健所長判断で 吉村知事「国の範囲は狭い」

吉村洋文大阪府知事=加古信志撮影

 大阪府の吉村洋文知事は3日、新型肺炎の拡大を防ぐため、検査対象者を国の基準より広げる考えを報道陣に明らかにした。吉村知事は「国の範囲は狭く、柔軟な対応ができていない」と述べ、武漢市のある湖北省への渡航歴や接触が無くても症状に応じて大阪府内の施設で検査するという。早ければ4日から運用を始める。

 大阪府によると、国は検査範囲について、37・5度以上の発熱かつせきなどの呼吸器症状があり、2週間以内に湖北省に渡航歴がある、またはその条件を満たす人との接触歴がある…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 独で歩行者に車突っ込み乳児含む5人死亡 飲酒運転の容疑者逮捕

  2. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  4. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです