メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西山さん「私は殺していません」 検察陳述30秒、新たな立証せず 湖東記念病院事件再審

ヒマワリが描かれた爪を見せ笑顔の西山美香さん=大津市で2020年2月3日午後6時29分、山田尚弘撮影

 2003年に滋賀・湖東記念病院で死亡した入院中の男性患者(当時72歳)は、本当に殺害されたのか。人工呼吸器のチューブを外し、命を奪ったとして12年の懲役に服した元看護助手、西山美香さん(40)=滋賀県彦根市=のやり直しの裁判が3日、始まった。「私は殺していません」。西山さんは裁判官を真っすぐに見つめ、15年前、同じ大津地裁であった1審の時と同じように無実を訴えた。

 西山さんはJR大津駅に姿を見せ、午後1時ごろ、井戸謙一弁護団長や支援者らと「一日も早く無罪判決を」と書かれた横断幕を掲げながら歩いて地裁へ。黒のスーツにグレーのコートを羽織り、赤い縁の眼鏡に髪を後ろで束ねた西山さんは、記者たちに「緊張しています」と語りかけて建物へ入った。爪には弁護士バッジのモチーフとなったヒマワリが描かれていた。

 04年9月にあった1審の初公判で、手錠と腰縄を付けられた娘の姿にショックを受けた父輝男さん(77)は、この日、車椅子に乗った母令子さん(69)と70席ある傍聴席の最前列で見守った。

この記事は有料記事です。

残り2103文字(全文2545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです