初場所優勝の徳勝龍に母校から「近大マグロ」贈呈「意外に大きい」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
母校から近大マグロを贈られた徳勝龍(中央)=東大阪市の近大東大阪キャンパスで2020年2月3日午後4時29分、藤田健志撮影
母校から近大マグロを贈られた徳勝龍(中央)=東大阪市の近大東大阪キャンパスで2020年2月3日午後4時29分、藤田健志撮影

 大相撲初場所で初優勝した平幕の徳勝龍(33)が3日、母校の近大(東大阪市)で優勝報告会を開いた。大学から完全養殖された名物の「近大マグロ」(体長142・3センチ、重さ47キロの3年もの、約30万円)が贈られ「意外に大きかった」と驚いていた。

 約1000人が集まった優勝報告会で、徳勝龍は1月18日に…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文353文字)

あわせて読みたい

ニュース特集