メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日リリース

Voicy「毎日新聞ニュース」「スポニチニュース」第3期開始のお知らせ(2020/2/3)

 株式会社毎日新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:丸山昌宏、以下毎日新聞)と株式会社スポーツニッポン新聞社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:河野俊史、以下スポニチ)は音声放送プラットフォームアプリ「Voicy(ボイシー)」で、「毎日新聞ニュース」「スポニチニュース」の第3期放送を2月3日から開始します。

 毎日新聞ニュース、スポニチニュースはパーソナリティによる音声ニュースで、18年2月に開設しました。今年1月まで1年間にわたって活躍した第2期パーソナリティの任期満了に伴い、パーソナリティの顔ぶれを一新。毎日新聞ニュースは2月3日より、オーディションで選ばれた7人の新しいパーソナリティが放送を担当します。

■毎日新聞ニュースは2月から夜9時の放送更新に

 毎日新聞ニュースはこれまで、毎朝7時に放送してきましたが、第3期パーソナリティを迎える2月から、放送更新時間を夜9時に移動します。1日の終わりのリフレッシュする時間に、夕食や読書をしながら、あるいはお風呂の中で、リスナーの方のスタイルに合わせて、個性豊かなパーソナリティの声をお楽しみください。

 毎日新聞およびスポニチは、人の声の持つ温かみや伝わる力を通じて、リスナーの皆さまの生活を少しでも豊かなものにしたいという思いのもと、パーソナリティによる音声ニュースに取り組んでいます。“新聞メディア×バラエティ豊かなパーソナリティ”のタッグでお届けする音声ニュースを、ぜひ引き続きご利用ください。

■第3期「毎日新聞ニュース」「スポニチニュース」の概要

【開始日】2020年2月3日(月)

 毎日新聞ニュースは政治、経済、社会などから、その日の注目ニュースをパーソナリティの“人の声”によってお届けします。通勤時間や家事をしながら、就寝前のひととき、ラジオやBGMを聞くように、ニュースとの新しい出会いを提案します。

 スポニチニュースはスポーツ、エンターテインメントを中心に最新ニュースや旬の話題を発信。今年は夏に開催される東京五輪・パラリンピックのトピックも積極的に取り上げていく予定です。

【両ニュースを聴く方法】

 音声プラットフォーム「Voicy」のスマホアプリ(iOS、Android)、ウェブサイト(https://voicy.jp/)、スマートスピーカー「Google Nest」で利用することができます。スマートスピーカーでニュースを聴くときは、「毎日新聞を流して」「スポーツニュースを流して」と呼びかけてください。

スマホアプリ、ウェブサイトとも利用料は無料です。

・アプリダウンロード

iOS版 :https://itunes.apple.com/jp/app/id1115551289

アンドロイド版:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.voicy.app.player

【第3期パーソナリティの紹介】

☆毎日新聞ニュース

第3期Voicy毎日新聞ニュース 各曜日のパーソナリティ

担当曜日:パーソナリティ

月曜日:町田満彩智さん

火曜日:かごめさん

水曜日:Kellyさん

木曜日:江川みどりさん

金曜日:椋本妙子さん

土曜日:アツヒサさん

日曜日:北野コウさん

☆スポニチニュース

第3期Voicyスポニチニュース 各曜日のパーソナリティ

担当曜日:パーソナリティ

月曜日:吉田恵美さん

火曜日:星夏穂さん

水曜日:エミさん

木曜日:片岡晟さん

金曜日:クミッチェルさん

土曜日:小林厚妃&菊地信子さん

日曜日:佐藤優実さん

■Voicyについて

株式会社Voicy(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:緒方憲太郎)が開発したボイスメディア「Voicy」アプリと同ウェブ版サービス(https://voicy.jp/ )。ビジネスの専門家やミュージシャン、インフルエンサーなどの「声のブログ」や、ニュース・天気予報のような情報、さらには事業会社のオリジナルチャンネルなど、250チャンネル以上をすべて無料で放送しています。活躍する個人パーソナリティのチャンネルに、上場企業を含むスポンサーがつくものもあり、声で活躍するパーソナリティが増えています。

■本件に関するお問い合わせ

毎日新聞社デジタルメディア局

スポーツニッポン新聞社スタートアップビジネス推進室 

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 独で歩行者に車突っ込み乳児含む5人死亡 飲酒運転の容疑者逮捕

  2. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  4. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです