メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本文化をハザマで考える

第19回 一流の翻訳が持つ影響力

夏目漱石

 真に「一流の傑作」といえ、それ自体がアイデンティティーを持つ翻訳というのはめったにない。日本文学においては、文学作品の翻訳は数多く、そのほとんどが使えるものだが、たまにはひどいのもある。

 しかし「傑作」にはめったにお目にかかれない。そうなるためには、翻訳そのものが際立った特性とスタイル、それに影響力を持っていなければならない。必ずしも正確な翻訳である必要はないが、他の誰にもまねできないように、元の作品を違う言語で再現しなければならない。

 究極の一流翻訳は、英国人のアーサー・ウェイリーによる1920年代の「源氏物語」の翻訳だろう。ウェイリーはジェーン・オースティンのような19世紀のビクトリア時代の作家の作品を読んでいた。その影響を受け、源氏物語を自由で詩的に訳した。そのおかげで、バージニア・ウルフやE・M・フォスターのような英国の有名作家に好まれた。

この記事は有料記事です。

残り1029文字(全文1409文字)

ダミアン・フラナガン

ダミアン・フラナガン(Damian Flanagan) 1969年英国生まれ。作家・評論家。ケンブリッジ大在学中の89~90年、東京と京都に留学。93~99年に神戸大で研究活動。日本文学の修士課程、博士課程を経て、2000年に博士号取得。現在、兵庫県西宮市とマンチェスターに住まいを持って著作活動している。著書に「世界文学のスーパースター夏目漱石」。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  3. 核禁止条約、批准50番目はホンジュラス 国連創設75周年の節目に

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです