メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

聞いてみました バレンタイン事情 半数が贈る 今も王道チョコ

 14日はバレンタインデー。デパートなどで甘い匂いのする催事が見られるようになった。大学生は春休みに突入して休暇中のバレンタインをどのように過ごすのか。現役大学生64人(男子16人、女子48人)に聞いた。

 まず今年のバレンタインに何かプレゼントを渡すと答えた人が29人(男子2人、女子27人)。休暇中でも半数近い45%が渡すようだ。渡す理由として約7割の人が「彼氏彼女のために」と答えている。また「渡す」と答えた男子の2人ともが彼女のためにプレゼントをするという。彼女から彼にあげる、という形にとらわれなくなってきているようだ。

 バレンタインは告白の機会としても認識されているが「好きな人に渡す」は僅か1人。大学生にとっては付き合っている人同士のイベントの意味合いが強いとわかった。

この記事は有料記事です。

残り1028文字(全文1369文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 新型肺炎 「感染拡大」前提に対策 政府、専門家会議受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです