自然環境活用センター移転・復旧 記念のシンポジウム 南三陸 /宮城

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
1年間の活動成果を発表する南三陸少年少女自然調査隊のメンバー=宮城県南三陸町で
1年間の活動成果を発表する南三陸少年少女自然調査隊のメンバー=宮城県南三陸町で

 東日本大震災の津波で被災した南三陸町自然環境活用センターが同町戸倉公民館内に移転・復旧し、記念シンポジウムが1日、開かれた。

 同センターは震災前、南三陸の豊かな自然について調べる研究・教育施設として町内外の人たちに利用されていた。震災の津波で2階建ての屋上まで水につかり、海洋生物の標本や研究資料を失った。しかし、志津川湾に関する長年の調査データは残り、2018年、志津川湾のラムサール条約湿地登録につながった…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

あわせて読みたい

ニュース特集