メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国豆腐品評会入賞の2人 県庁訪問し喜び語る /宮城

全国豆腐品評会で受賞した豆腐を遠藤信哉副知事(左)に示しながら報告する「ささはら豆腐店」の笹原淳さん(右)と「兎豆屋」の安達圭介さん=宮城県庁で

 2019年10月に東京で開催された第5回全国豆腐品評会(全国豆腐連合会主催)で、農林水産大臣賞を受賞した仙台市太白区の「ささはら豆腐店」の笹原淳さん(46)と、「寄せ・おぼろ豆腐」部門で金賞を受賞した同市青葉区の「兎豆(とまめ)屋」の安達圭介さん(44)が1月31日、県庁を訪問した。

 全国豆腐品評会は「充塡(じゅうてん)豆腐」「木綿豆腐」「絹ごし豆腐」「寄せ・おぼろ豆腐」の4部門に分かれ、全国179社から4…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染177カ国・地域、世界全域で68万人 死者3万人超える 新型コロナ

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「このままでは餓死」失職労働者、都市部から歩いて故郷へ 感染拡大懸念 全土封鎖のインド

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです