メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミョウガで稲作占う 綾部・阿須々伎神社で祭事 /京都

ミョウガを鎌で刈り取る四方義規宮司=綾部市の阿須々伎神社で、佐藤孝治撮影

 ミョウガの生え具合で稲作の豊凶を占う伝統の祭事「茗荷(みょうが)祭」が3日、綾部市金河内町の阿須々伎(あすすぎ)神社で営まれた。地元の志賀郷地区に伝わる「志賀の七不思議」の一つ。

 四方義規宮司(77)が清水の湧く境内の「お宝田」に入り、早稲、中稲(なかて)、晩稲(おくて)と区分けされた場所からミョ…

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文337文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  3. 安倍氏の「事実と異なる国会答弁」33回、分析すると…三つのパターン

  4. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです