特集

別府大分毎日マラソン

第69回別府大分毎日マラソン大会は2月2日正午、大分市の高崎山・うみたまご前をスタートし、別府市の亀川漁港前で折り返し、大分市営陸上競技場にフィニッシュする日本陸連公認コースで開催される。

特集一覧

別府大分毎日マラソン 関連イベントも盛況 /大分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
一斉にスタートする参加者
一斉にスタートする参加者

 2日開催された第69回別府大分毎日マラソン大会(九州陸協、県、大分市、別府市、毎日新聞社、大分放送など主催)では、多くの関連イベントが開かれた。

景色を楽しみ べつだいウォーク

 別府大分毎日マラソン大会を応援しながら大会コースの国道10号沿いを歩いたのは、今年で17回目の開催になる「べつだいウォーク」(実行委員会主催、大分銀行特別協賛)。大分市の田ノ浦ビーチ前特設会場を発着点に2日、約2500人が「のんびり」(約7キロ)と「はりきり」(約16キロ)の2コースに分かれて景色を楽しみながら歩いた。

 特別ゲストとして元プロバレーボール選手で、スポーツキャスターの栗原恵さん(35)が登場。トークショーで「好きという気持ちがあれば頑張れる。そんな気持ちを応援したい」と語り、その後はのんびりコースを参加者と歩いた。

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文1009文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集