メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 中国死者、SARS超え 57人増え361人

 中国政府は3日、新型コロナウイルスによる肺炎の死者が前日に比べ湖北省と重慶市で57人増え、中国本土で計361人になったと発表した。2002~03年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)による死者349人を上回った。感染者は2829人増えて1万7205人(うち重症は2296人)。中国内外での移動規制がさらに広がった。【北京・浦松丈二】

 中国では春節(旧正月)の大型連休が3日に明けたが、多くの企業や学校の本格再開は10日以降に延期されている。交通当局によると1月10日~2月2日に交通機関を利用したのは延べ12億8500万人と前年比27・4%減だった。国内外への団体旅行禁止など規制強化の影響とみられる。

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文631文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 緊急事態 愛知知事が対象追加を要請 10日午後、県独自で宣言

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 「歌舞伎町のホスト、名古屋への出張営業」 情報拡散 店が愛知県知事に釈明し謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです