メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 「感染検査、民間でも」 政府、簡易キット開発着手

 衆院予算委員会は3日、2020年度予算案に関する基本的質疑を行った。安倍晋三首相は、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受け、国立感染症研究所などで実施している検査について「民間の検査機関でもできる態勢の構築に取り組んでいる」と表明。民間との連携に向け「(短時間で感染の有無を調べる)簡易検査キットの開発に既に着手した」と述べた。新たな感染症に備えるため、政府の態勢を見直す考えも示した。

 首相は「国内の検査態勢や相談態勢の充実、拡大は喫緊の課題だ。感染症の危機管理態勢の不断の見直しを進め、対応力を一層、高めていきたい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文643文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  2. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

  5. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです