メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

春節明け、中国経済停滞 新型肺炎、休業を延長

春節が明け、閑散とした中国・上海浦東地区の金融街=2020年2月3日、ロイター

 新型肺炎の感染拡大が深刻化する中国で3日、春節(旧正月)に伴う大型連休が明けた。しかし、多くの企業や工場は営業再開を当面見合わせる方向で、経済活動の停滞が続く。現地に生産拠点を持つ日本企業などに影響が及ぶほか、世界経済にも深刻な打撃をもたらしかねない状況だ。【北京・赤間清広】

 北京市中心部のビジネス街。普段は大勢の人が行き交い、片側4車線の大通りも車であふれるが、3日は人や車も少なく、閑散としていた。北京市当局が市内の企業に2月9日までの休業を求める通知を出したためだ。

 中国では、1月24日から春節連休が始まり、多くの企業や工場が休業に入った。当初は30日で連休が終わる予定だったが、中国政府は人の移動を制限することで感染拡大を防ごうと、連休最終日を2日に延期した。

この記事は有料記事です。

残り1713文字(全文2050文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都の感染者が新たに118人 初の3桁 新型コロナ

  2. 北海道・鈴木知事の感染防止対策に評価 「道民の命を守る英断」

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. C.W.ニコルさん死去 作家・ナチュラリスト 79歳

  5. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです