メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 中国SNSで会見実施 春節明けから切り替え

 新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて、中国外務省は春節連休明けの3日、定例記者会見をインターネット上のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「微信(ウィーチャット)」に切り替えて実施した。

 「外務省報道官の華春瑩(かしゅんえい)です。初めてのネット会見にようこそ。では質問をどうぞ」。午後3時(日本時間同4時)にグループチャット上に報道官のメッセージが表示された。

 初のSNS会見参加者は通常の2倍以上の215人。「米国は14日以内に中国滞在歴のある外国人の入国を拒否したが」「習近平国家主席の訪日に影響は」などと新型肺炎の質問が相次いだ。質問が3問以上たまったら回答が終わるまで自粛するルールだったが、一挙に8問が積み上がった。

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文503文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 兵庫・淡路市が江戸初期の寄贈住宅取り壊し検討 子孫「壊さないで」と反発

  4. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです