メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花粉皮膚炎を防ぐ方法

 花粉症に悩まされる季節がやってきた。実は花粉は鼻炎や目のかゆみだけでなく、肌のかゆみや湿疹などの皮膚炎を引き起こすことがある。有効な対策は「肌の保湿」。洗顔のポイントや化粧水の使い方、男性の場合はひげそりとの関係を、専門家に教えてもらった。

 ●目の周りやほおに

 「肌がピリピリする。花粉がもう飛んでいるかも」。1月上旬、横浜市の「野村皮膚科医院」には早くも花粉皮膚炎を訴える患者が1日5~6人訪れ、診療を受けていた。2月以降のスギ花粉が最も飛散する時期になると、1日20人は受診するという。

 冬は湿度が低いだけでなく、汗と一緒に分泌されて皮膚の表面を覆う皮脂が減る。すると角質がはがれ、角質層に蓄えられていた水分が蒸発しやすくなる。これが肌の乾燥のメカニズムだ。

この記事は有料記事です。

残り1028文字(全文1360文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです