メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相 「桜」前夜祭会費、ホテル側の主体的価格設定を改めて主張 衆院予算委

衆院予算委員会で「桜を見る会」とその前夜祭を巡る問題について立憲・黒岩宇洋氏の質問中に質疑が止まり、野党議員と協議する棚橋泰文委員長(右手前)に向かって挙手する安倍晋三首相(奥)=国会内で2020年2月4日午前9時57分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は4日午前の衆院予算委員会で、海上自衛隊の中東派遣を巡り、米軍との情報交換について「航行の安全確保のための一般的な情報交換の一環として行う。実力行使に当たらないため、憲法上の問題は生じない」と述べた。立憲民主党などの統一会派の岡田克也氏(無所属)への答弁。岡田氏は、現地の情勢次第では、米軍との密接な情報交換が、憲法解釈で禁じられた他国の武力行使との一体化につながりかねないと批判した。

 首相の後援会が主催した「桜を見る会」前夜祭の会費が5000円だったことに関し、首相は「紹介者の信用があると思う。安倍事務所の関係者であれば問題ないという判断だったのだろう」と答弁。ホテル側が主体的に価格を設定したと改めて主張した。

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  3. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  4. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

  5. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです