メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相 「桜」前夜祭会費、ホテル側の主体的価格設定を改めて主張 衆院予算委

衆院予算委員会で「桜を見る会」とその前夜祭を巡る問題について立憲・黒岩宇洋氏の質問中に質疑が止まり、野党議員と協議する棚橋泰文委員長(右手前)に向かって挙手する安倍晋三首相(奥)=国会内で2020年2月4日午前9時57分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は4日午前の衆院予算委員会で、海上自衛隊の中東派遣を巡り、米軍との情報交換について「航行の安全確保のための一般的な情報交換の一環として行う。実力行使に当たらないため、憲法上の問題は生じない」と述べた。立憲民主党などの統一会派の岡田克也氏(無所属)への答弁。岡田氏は、現地の情勢次第では、米軍との密接な情報交換が、憲法解釈で禁じられた他国の武力行使との一体化につながりかねないと批判した。

 首相の後援会が主催した「桜を見る会」前夜祭の会費が5000円だったことに関し、首相は「紹介者の信用があると思う。安倍事務所の関係者であれば問題ないという判断だったのだろう」と答弁。ホテル側が主体的に価格を設定したと改めて主張した。

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  4. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  5. ORICON NEWS 舞台『アクタージュ act-age ~銀河鉄道の夜~』上演中止を発表 ヒロイン役オーディションも取り止め

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです