メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スーパーシティ構想へ特区 政府法案再提出 AI、ビッグデータ活用

首相官邸=東京都千代田区で2019年5月1日午前10時27分、川田雅浩撮影

 政府は4日、最先端技術を活用したまちづくりを目指す「スーパーシティ構想」実現のための国家戦略特区法改正案を閣議決定し、国会に再提出した。昨年の通常国会で廃案となり、秋の臨時国会では提出が見送られていた。改めて今国会で成立を目指す。

 改正案は人工知能(AI)やビッグデータを活用し、自動運転やキャッシュレス化が広がる便利な社会の実現を想定する。自治体は住民などの合意を踏まえた特例措置をま…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです